FC2ブログ

基地の苦悩、米で上演 県内の被害実情に反響大

ここでは、「基地の苦悩、米で上演 県内の被害実情に反響大」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 米国カリフォルニア州在住の県系2世作家、ジョン・シロタさん(80)の沖縄の米軍基地と若者たちを主題とした新作の演劇「ヴォイシス・フロム・オキナワ(沖縄からの声)」が13日から、ロサンゼルス市ダウンタウンのデービッド・ヘンリー・ホワン劇場で上演され、大きな反響を呼んでいる。劇中では女子学生が米兵に暴行された体験を告白する場面もあり、10日に沖縄で起きた米兵女子中学生暴行事件と重なることから、地元メディアも大きく取り上げ、入場券は5日先まで完売した。県系3世らは今回の暴行事件への批判を込めてブログで観劇を呼び掛けるなど、上演を通して米国内でも同事件の波紋が広がっている。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億
 物語の主人公は沖縄の血を4分の1ひく白人英語教師。学生やユタとの触れ合いを通じて、住民と基地との関係や米軍の犯罪などを学び、自身のアイデンティティーに目覚めていく過程が描かれている。
 英語の授業の場面で米国への憧れを語る学生や、米軍人に暴行された経験を女子学生が初めて告白するなど、米軍基地によって翻弄(ほんろう)される沖縄の人々の姿を描いている。
 作家のシロタさんは2005年に琉大客員研究員として6カ月間滞在し、その時に知って学んだことを下敷きに作品を執筆した。シロタさんは「(同大の)山里勝己教授の講義に参加し、学生との交流でトートーメーや『君が代』、米軍の強姦事件などに対する若者の生の声に初めて触れた。今の沖縄の姿をアメリカに伝えなければと思った」と作品に込めた思いを語った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaihakysyo.blog122.fc2.com/tb.php/1279-c7bcd32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。