FC2ブログ

阿部3発!上原から驚弾!新打法順調

ここでは、「阿部3発!上原から驚弾!新打法順調」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 巨人・阿部慎之助捕手(28)が14日、ひむかスタジアムでのフリー打撃で上原と対戦。24スイングで3本のサク越えを披露。安打性の打球も8本放つなど、広角に鋭い打球を連発した。15日には、AB班混合で行われる初の紅白戦(サンマリンスタジアム)に出場予定。就任2年目を迎えた主将が今季初の実戦を前に、万全の仕上がりを見せた。また、上原浩治投手(32)はフリー打撃に初登板して54球を投げ込んだ。阿部に打たれはしたが、2年ぶり先発復帰へ調整は順調だ。 体が勝手に反応した。上原の外角寄りの直球に対し、阿部の腰が鋭く回転した。真芯で捕らえた打球はひむかスタジアムの左翼ネット、高さ25メートルの中ほどを揺さぶった。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億昨年12月の北京五輪アジア予選(台湾)から取り組んできた、左翼方向へ強い打球を放つ「新打法」を披露した。 戸惑いはなかった。今季初めての“生きた球”との対戦。しかも、エース・上原との直接対決だった。打撃マシンとは球の勢いやキレも格段に違う。目も慣れていない状況下で、初球の外角ストレートを中前にはじき返した。「ボクがどうのこうのより、上原さんの仕上がりが早い」と絶賛したほどの球威。それでも、6スイング目には、左翼ネットに突き刺す豪快な一発で19番の度肝を抜いた。 理想とする打撃スタイルが完成しつつある。ボールをぎりぎりまで呼び込み、軸をぶらさずに体を回転させる。今キャンプではティー打撃やフリー打撃の中で、左方向への打球を徹底してきた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆台湾関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaihakysyo.blog122.fc2.com/tb.php/1292-848d9772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。