FC2ブログ

NATO完全復帰の意向 サルコジ大統領

ここでは、「NATO完全復帰の意向 サルコジ大統領」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080202-00000901-san-int
 【パリ=山口昌子】フランスのサルコジ大統領は1日夕、北大西洋条約機構(NATO)のデホープスヘッフェル事務総長と就任以来、初めて会談し、4月初旬のルーマニアの首都ブカレストでのNATO首脳会議で、フランスが1966年に脱退した軍事機構への完全復帰を正式に表明する意思を伝えた。

 エリゼ宮(仏大統領府)によると、初会談の主要議題は「首脳会議の準備」。換言すればフランスの復帰問題だ。大統領は会談に先立ち、モラン国防相をワシントンに派遣。国防相は1月31日にゲーツ国防長官、ライス国務長官と会談し、NATO復帰問題などを協議したとみられる。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億

 大統領は1月にも「欧州安保とNATO復帰は同じ安保政策だ」と強調。4月の首脳会議では「実際的で野心的な提案を行う」と言明した。3月末に発表される国防白書の作業部会が提案した「欧州安保と大西洋関係強化」についても承認するなど、復帰に向けての意思を明確にしてきた。

 シラク前大統領も就任した95年に復帰を探ったが、「南部司令官はフランス人で」とのシラク氏の復帰条件を米国が拒否して実現しなかった。しかし、同年には軍事委員会に、また2004年には国防相会議に復帰するなど部分復帰を果たした。
 フランスが完全復帰の決意を固めた背景としては、コソボ紛争で欧州共通外交・安保が成果を上げず、特に「5万人規模の欧州軍の緊急部隊の創設がかけ声だけに終わった」(国防関係筋)ことが大きい...

ニュースの続きを読む


◆白書関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaihakysyo.blog122.fc2.com/tb.php/1332-64f1f53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。